鳥取大学附属中学校

お問合せ:0857-31-5175

沿革

本校建学の精神

建学 「尚徳館」

尚徳館藩政が発足した当時は、現在の学校のような公的教育機関はなく、あるのは民間有志の私塾的なものだけでした。また、当時の教育は文よりも武を重視する傾向にあったようです。

しかし、17世紀の中頃から、藩校(各藩がその子弟を教育するために設立した学校・学館)が設立されはじめ、江戸中期になると全国的に増加しました。

鳥取藩も宝暦6年(1756)、旧附属校跡に学館を建てることになり、翌年2月1日に開館式を挙げています。学館の名称については、「興徳」「興譲」などが候補にあげられたようですが、「尚徳館」と命名されました。

「尚徳館記」 ~学館がめざすところ~

学館を開設して40年後に、初代の学館奉行(校長)箕浦文蔵の子どもである箕浦節山(徳胤)が「尚徳館記」を書いています。その中に、教育の目標は「維れ古を稽え、徳を尚び齢を尚べ」(尚…尊ぶ、齢…年齢)とあって、「聖人君主の言行を見習い、正しい生き方をすることにある。」としています。

また、「人生の経験者・年長者を尊重し、目上の人を敬い、年寄りを大切にせよ。必ずへりくだって譲り、家格(家柄)や禄高(給与の額)を鼻にかけるな。徳ある人にこそ従うべきで、学館の名も尚徳とする。」と記されています。

「学館がめざすところは、文を尊び武を磨き、人倫(人としてとるべき道)を正し、国の綱紀(規律)をひきしめようとするものであり、学生もその意を体して(心にこめて実行する)才器を大成すれば、学成って(教育も備わって)国家の用にたつことができるであろう。」と結んでいます。

「文武並(併)進」 ~学館の拡張整備~

旧校舎(県庁前) 嘉永4年(1851)に鳥取藩12代の藩主として就任した池田慶徳(よしのり)は、翌年に初入国し、全藩士子弟の人材養成のため、また「文武並(併)進」の考えのもとに学館の拡張整備にとりかかりました。

工事は12年間の年月を要しましたが、総面積2.4ヘクタールの尚徳館となりました。広大にして整然とし、一大偉観を呈したと言われています。
(旧附属小・中学校のプールとテニスコートを除いた面積は2.6ヘクタールでした。)

尚徳館の石碑 ~教育理念を後世に~

尚徳館の石碑尚徳館の機構改革が一段落すると、藩主池田慶徳は、尚徳館建設由来の教育理念を後世に伝えるため、自筆で石に刻んで、石碑を建てました。これが現在保存されている武家門後方にある尚徳館記の石碑です。
現在附属中学校にある尚徳館記の石碑は、この拓本を基に建立されたものです。

この尚徳館記には、次のような内容が書かれています。

尚徳館記

15代将軍徳川慶喜の兄池田慶徳は、このとき24歳でした。
しかし、この学館も、明治3年(1870)8月18日をもって、113年の歴史を閉じたのです。

沿革史

昭和22 年鳥取師範学校附属中学校として開校,村上義幸主事就任,学級数3,生徒数126,教官数5
昭和23 年学級数5,生徒数208,教官数9,PTA 組織として附属中学校教育懇話会結成
昭和24 年鳥取大学学芸学部附属中学校と改称,学級数6,生徒数246,教官数11
昭和25 年大学寄宿舎南寮出火,第1 体育館・理科室・南校舎を類焼
昭和28 年学級数9,生徒数387,教官数16
昭和29 年25m公認プール完成
昭和32 年西田美喜雄校長就任,完全給食開始
昭和34 年附属中学校校歌制定 作詞 土岐善麿 作曲 平井康三郎
昭和38 年新校舎(1,333 ㎡)と体育館(627 ㎡)完工
昭和39 年特殊学級設置,学級数10(普通学級9,特殊学級1)
昭和40 年管理棟・体育館等の工事完了,校長室・教官室・図書室・技術室等移転
昭和41 年鳥取大学教育学部附属中学校と改称,新1 年生より4 学級編制
昭和43 年学級数15(普通学級12,特殊学級3),生徒数597,教官数26(特4 を含む。)
昭和44 年井上順理校長就任
昭和50 年越智春美校長就任
昭和51 年宿日直廃止,業者へ警備依託
昭和52 年創立30 周年記念式典挙行,校旗制定などの記念事業実施
昭和53 年昭和53 年 附属養護学校新設に伴い特殊学級を養護学校へ改組編入,学級数12,生徒数522,教官数22
昭和54 年倉信敏校長就任
昭和57 年福岡富雄校長就任
昭和59 年新校舎(湖山)起工
昭和60 年新校舎完成・移転
昭和62 年橋本隆校長就任
平成元年入学生徒定員180 人を160 人に改定
平成3 年生徒用コンピュータ40 台設置
平成5 年細川哲校長就任
平成7 年山岸正明校長就任,放送設備更新,マルチメディアコンピュータシステム(生徒用20 台)設置
平成8 年附属小中学校用WWW サーバー,e-mail サーバー設置
平成9 年創立50 周年記念式典挙行,前庭整備などの記念事業実施
平成11 年油野利博校長就任,鳥取大学教育地域科学部附属中学校と改称,文部省研究開発学校指定研究校
平成12 年教育振興会を解散し,教育後援会結成,県福祉教育研究指定校(平成13 年度まで)
平成13 年文部科学省研究開発学校指定研究校発表大会,『未来を拓く小中一貫の新教育課程』
平成14 年〃 (継続)
平成16 年法人化・改組により,国立大学法人鳥取大学附属中学校と改称
平成17 年矢部敏昭校長就任
平成18 年普通教室冷暖房完全完備
平成19 年図書館改装完了,創立60 周年記念式典挙行
平成20 年ピア・サポート活動10 周年記念事業
平成21 年伊藤敏幸校長就任
平成23 年住川英明校長就任
平成25 年校舎部分改修(体育館・武道館等)
平成26 年平成26 年 入学生徒定員160 人を140 人に改定
平成27 年鶴崎展巨校長就任
平成31 年小玉芳敬校長就任

▲ Page TOP